PLUSSOでの詐欺被害について調べてみました

プラッソなどの株情報サービスを利用すれば相場を学べる

<p>相場を勉強してる画像</p>PLUSSOが運営しているVIP投資顧問などの株情報サービスを利用することで、相場に対する知識を身に着けることができるのは間違いないです。たとえば、相場においても重要となるのがトレンドです。すべては、株価の高値と安値の概念から成り立つ相場のトレンドについて考えることが基本となります。相場を考える=高値と安値の確認作業であるといっても過言ではないでしょう。

高値を突破したり、安値を割り込むということはそれ自体が相場参加者の意思表示であり、売り買いの判断材料になります。相場の基本原則により、投資家の行動もおのずと向かうべき方向へと導かれることになります。こうした相場参加者の動きに従うことがトレンドに乗ることであり、相場で利益を上げることにつながります。逆に言えば、トレンドといった相場参加者の動きに反した行動こそが損失を生む原因になるといえます。

こんな説明は不要かもしれませんが、相場の分析方法はファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2つに大きくわけることができます。ファンダメンタルズ分析は、相場を動かす原因や材料を分析し、導かれる結論により将来の相場を予測するものです。一方、テクニカル分析は、相場の動きそのものを分析し、その動きから今後の相場の動きを予測するものです。

ファンダメンタルズ分析を行うには、まず相場変動の原因を探る必要がありがますが、テクニカル分析においては相場を動かす原因を必ずしも知る必要はないのが特徴です。おおむねファンダメンタルズの影響を受けて相場は変動するものですが、ファンダメンタルズとは関係ない動きをする場合もよくあります。ときには、相場がファンダメンタルズの変化に先行する場合があるからです。

マーケットにおける情報伝達は、一瞬に起こるわけではありません。情報伝達には常にタイム・ラグを伴い、これが情報と相場の間にギャップを生じるさせることになります。そのため、市場参加者のなかには、人より先に情報を入手することが相場で利益を得るほうが有利であると考える人がいます。

しかし、テクニカル分析においては、すべての相場変動要因は価格に内包されていると考えるため、価格変動そのものにファンダメンタルズの変化が内包され、価格変動自体を分析することが相場分析として最も効果的であると考えます。

とはいえ、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析は相反するものではありません。分析の切り口に違いがあるだけです。実際に、この2つの分析をかけあわせたテクノファンダメンタルという分析手法も存在し、ここ数年で周知されはじめています。テクニカルとファンダメンタルズのどちらを選ぶべきかという問題ではなく、相場で成功するためには両者とも必要な分析手法ということです。