PLUSSOでの詐欺被害について調べてみました

投資顧問を利用しても株にロスカットはつきもの

<p>下落チャート</p>投資には計画性が必要ですが、良いと思う銘柄があるとトレードの計画を立てることなくエントリーしてしまい、エントリー後は利食いのことしか考えていない個人投資家は少なくありません。しかし、これは大きな間違いで本来ならエントリー前に、どのポイントでエントリーして、どこで手仕舞いするかをしっかり考えなければなりません。

こうした計画を立てなければなりませんが、エントリーポイントは1つなのに対して、手仕舞いのポイントは2つとなります。それは、【利食い】と【損切(ロスカット)】のポイントです。プラッソが運営するVIP投資顧問のサービスでも、銘柄推奨の際にはエントリー範囲や目標価格、ロスカットの基準値がしっかりと設定されています。

何故、こうした計画が必要かというと、エントリーしたあとはいっさいコントロール出来ないからです。ですから、しっかりチャート分析を行い、エントリーポイントを見極める必要があるのです。そして、思惑通り株価が動いた時の利食いポイントと思惑と反した時の損切ポイントを定めるのです。

損切りラインを決めるということは、ロスカットした時の損失額を事前に決めておけるということでもあります。すべてのトレードで利益を出すことは不可能ですから、ロスカットは必須のスキルともいえます。定めたロスカット基準値を割れ込んだら、すみやかに手仕舞いしましょう。

ロスカットになってしまったからといって、それはさほど大きな問題ではありません。何よりもマズイのは、定めたロスカットポイントを無視して損切せず、含み損が大きく拡大した後に結局損切するトレードです。下げても株価は戻ってくるかも!なんて希望的観測は捨て、決めたとおり行動しましょう。

理屈で言うのは簡単ですが、実際に実行するのが難しいのがロスカットです。実は、株の世界でプロとアマを分けるのはロスカット実行力とも言われるくらいです。なので、事前に計画して決めたとおり、損切ラインに達したら、心を無にして機械的にロスカットに踏み切りましょう。

ロスカットした後に上昇したらどうしようと考えてしまうのもわかります。しかし、そうなれば再度追いかければ良いですし、そうでなければ次の計画を考えましょう。理屈も無しに感情的なトレードをすると、それは損失への大きな一歩となりえます。このような失敗は多くの個人投資家が経験することなので注意しましょう。

ロスカットの本質は、損失をそれ以上拡大させないという点にあります。この点をシビアに捉えておかないと株の世界で勝つことはできませんし、生き残ることもできません。例えば投資顧問を利用していたとしても、必ずロスカットが必要になるときはありますので、心にとどめておきましょう。